暮らしからビジネスまで申請・手続きに関する「困った」「分からない」を知識と経験豊富な行政書士がトータルサポートいたします。

このような相談事例がございます

亡くなった母の預金を整理しようと銀行に行ったが、引き出せなかった。

国際結婚をしてその後日本で暮らしたいが、何の手続きをしたら良いの?

畑に家を新築したいが、何から始めれば良いのかわからない。

会社をつくりたいが、株式会社やNPO法人など、色々あってどれにすべきかわからない。

新商品をネットショップやSNS・動画などで宣伝したいが、著作権や特許権に関して不安がある。

テレビ通販で買った品物を、やはり返品したいが可能なのか?

 

建設業・運輸業・飲食店を営業するにあたり、何の申請が必要なのか分からない。

手持ちの不動産で民泊を始めたいが、どうすれば良いのか相談したい。

 

自営業だが、忙しすぎて社会保険やネットでの電子申請など、事務作業に手が回らない。

その他、あらゆる申請・手続きや、
書類作成業務に対応しております!

このような相談事例がございます

お知らせ・新着情報

2020年2月 6日
古物商の皆様へ

古物商の皆様へ


主たる営業所等の届出はお済みですか?


<重要>山梨県警察

正古物営業法の全面施行期日決定のお知らせ 


古物商イメージ.jpg


古物商許可を受けている人全員が対象です


平成30年10月24日以前に許可を受けている古物商を含め、令和2年3月31日までに古物商許可を取得した方々、個人・法人すべての人が主たる営業所等届出をしなければなりません。営業所が1か所であっても必要です。

期限までに届け出をしなければ許可は失効となり無許可営業状態となってしまいますのでご注意ください。

無許可営業は「3年以下の懲役」、「100万円以下の罰金」となるほか、古物商許可の欠格要件となり5年間は許可の取得が出来なくなってしまいます。

 

その他の改正点


主たる営業所の届出のほか、以下の点も改正されました。

■仮設店舗の届出

■簡易取消の新設

■欠格事由の追加

■非対面取引における本人確認方法の追加

■帳簿の様式

 

古物営業許可についてのご相談を承ります!


山梨県行政書士会では、随時古物商の皆様からのご相談を受け付けております。

古物営業許可について、どんなことでもご相談ください!

行政書士が相談を承ります!

 何の手続きを進めればよいのかよくわからないご担当者様や、現在既に受けている古物商許可に関するその他の変更届(役員が変わった、管理者が変わった等)も含めてお困りの企業様は、山梨県行政書士会まで一度ご相談ください。


お知らせをもっと見る 

事務所所在地

〒400-0031

山梨県甲府市丸の内3丁目27番5号

 

組織概要を詳しく見る 

ご相談・お問い合わせ

PAGE TOP ▲
パソコンサイトはこちら
スマートフォンはこちら